人工知能してみる

人工知能の中の人が機械学習とかデータドリブン的なことを勉強します

Azure Machine Learningを使ってみたら思ったよりよかった

Grahamianです。 タイトルどおりです。

数年前からクラウド機械学習サービスがでてきていましたが、そのときは全然興味ありませんでした。
データサイエンスって前処理が面倒なんで機械学習だけクラウドで出来てもなーって感じ。
とか思っていたんですが、つい先日、ちょっとクラウド機械学習を調べてた思ったより良かった…舐めてた…
azure.microsoft.com

Summary

GoogleとかAmazonも触ったけどデータサイエンスという文脈なら、圧倒的にAzure最強でした。

どこが?

Azureのよいところはプログラミングできなくても大体の処理ができてしまうところ。
PythonとかRはプログラミング初心者でもわりと書きやすいのですが、それでも細かいところでハマります。
環境構築とか、ちょっとした記法のミスとか。
そこらへんがGUI上でサクサク作れてしまうのはいいですね。
やっぱりプログラマー以外にはCUIって結構ツライです。
Azureならブロックをつなげていくだけで基本的な処理ができてしまうので簡単。

分析の結果もVisualizationしてくれ分かりやすいです。
自動でいい感じにROC曲線とか決定木を書いてくれるのが最高。
前処理が面倒って話に隠れちゃいますが、実はこの後処理ってのも結構面倒です。
Azureなら自動でカッコいい絵にしてくれるので、このままレポート作れますね。
便利。最高。

とは言え、簡単な処理は出来るけど凝った処理になると途端に面倒になるサービスって多いんですよね。
おもちゃ的なサービスは取っ掛かりとしてはいいけど、やっぱり業務には使えなかったりして。
Azureはそこも考えられていてSQLPython、Rを書いて処理に使えるようです。
これが非常に便利そう。
内部にAnacondaを持ってるらしくて大体のことができる様子。
細かいとこはコード書けば処理できるし、基本はGUIで処理できる。
コードはブロック化できるので可読性高くできる点は非常に良いです。

GoogleとかAmazonは?

Google機械学習のリソースとして使う仮想マシンって感じです。
データサイエンスの文脈では使いにくいです。
機械学習をガッツリやるエンジニア向けですね。
Deep Learningとかガリガリやるならいいかも。

AmazonはAzureと同じで基本的な分析ができます。
AWSと連携できるので便利。
ウィザード形式で進み、予測したいデータの属性で勝手に分類器を選んでくれます。
ただ、これが非常に使いにくかったです。
慣れたら違うかもしれないけど自由度も低そうだし要らないかな?

ってことで

Azure Machine Learningはいいぞ。